「紙屋町さくらホテル」今年も・・・。

6月8~10日本番!「紙屋町さくらホテル」

3月の終わりに作品が決定し、急ピッチでキャスティング決め、読み稽古、立ち稽古と目まぐるしい時間を過ごしつつ、毎日、稽古に励んでいます!

今年の作品は「紙屋町さくらホテル」
昭和20年の広島を主な舞台に、実在した俳優・丸山 定夫、園井恵子の2人とともに、移動演劇隊さくら隊の一員として、ホテルの経営者、訳ありの宿泊客など、一般人が『無法松の一生』の名場面を演じることになる・・・。

あの時代を必死に生きた人びとの物語を歌を交えながら、愉快に描きます。

そう・・・、歌います!!
そして、今年はピアノ伴奏も役者がやります!
ただいま猛特訓中・・・!!

そんな(?)稽古、稽古の毎日ですが、昨日、5月12日に劇座の一大イベントが行われました♪
それは・・・山田 昌先生のお誕生日!!
毎年、この時期は本公演の稽古中のため、みんなでお祝いするのが恒例となっています。

今年は、昌先生から米寿の内祝いまでいただきまして・・・!
出演者一同、感無量・・・!!

今年の本公演に昌先生は出演されませんが、毎日たくさんのアドバイスをいただいています。

今年も劇座が一丸となってお送りする本公演。
「紙屋町さくらホテル」
ぜひ、劇場でご覧ください!


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL